一般社団法人 群馬県介護支援専門員協会

協会についてご紹介

高玉初代会長が(任意団体として)生み、折茂2代目会長が(一般社団法人として)育てた、
群馬県介護支援専門員協会を3代目会長として、平成27年6月より引き継ぎました。

高玉会長のようなユーモアにあふれたお人柄による人心掌握力も、折茂会長のような広い視野に根差した理知的な判断力も、
持ち合わせておりませんが、『認知症のひとの在宅医療』を現場の第一線で実践してきた30年近い私の経験が、
皆様のお役に立てれば良いと思っています。

この4月からの介護報酬改定の厳しい現実と、各地域で構築しなければならない地域包括ケアシステムへの長い道のりを、
優秀でやる気のある役員及び地域で活躍されている会員の皆様と一緒に乗り越えて行きたいと思っています。

まずは、
①当会の財政基盤の強化(新規会員及び賛助会員の獲得)
②事務局機能の充実
③若手会員の育成と役員の若返り

以上を三本柱として、
「誰もが最後まで自分らしく暮らし続けることが出来る地域づくり」に
当会が寄与できるように、努力したいと思います。

会社案内