一般社団法人 群馬県介護支援専門員協会

最新情報

講師依頼の趣旨
2018.05.01 10:00 am 234 Views wpadmin

群馬県立高崎高等特別支援学校は、創立22年目となる高等部単独の特別支援学校です。
自立 意欲 礼儀を校訓として、一般就労を目指しています。

 

平成21年学習指導要領改訂により福祉・介護が導入され、平成28年、4月より障害者差別法の合理的配慮が施行されました。
現状に合わせた教育に変革するために、福祉免許をもつ教員の配置により平成21年度に介護職員初任者研修の事業者指定を取得し、
「福祉を学ぶ」という生徒への教育機会を与えることが可能となったのです。

 

少子高齢化という社会の現状で、介護の現場では介護力が不足しています。

今まで、本校生徒の介護の現場での就労は、掃除や洗濯程度の業務内容での就職に留まっています。

 

しかし、福祉の資格をもって本校の生徒が、例えばベッドメイキング専門職のような介護の仕事や簡単な介護の仕事部分を担えば、
本校の生徒の就職先が広がり、適性のある生徒の能力を伸ばし、就労先の選択肢が広がることが期待できます。

 

介護現場でも、介護福祉士等の介護職が専門職として本来の業務ができる環境を整えるためにも、
特別支援学校出身の生徒が力を発揮し、社会参加ができることになれば意義も大きいと思われます。この研修を継続するにあたり、福祉免許をもつ教員の配置が困難なため、皆さんに講師としてのご協力をお願い致します。

 

 

20180219介護職員初任者研修講師資格の詳細はこちらから≫